【痛くない】ミュゼの除毛クリームでVIOをつるつるに処理する方法

ミュゼ除毛クリームの中身

水着や下着をかわいく着るのに、VIOの毛って邪魔ですよね。

もしもお気に入りの可愛い水着を着ているときに、毛がはみ出ているのを指摘されでもしたら一生のトラウマものです笑

この記事では、邪魔なVIOの毛を処理するのに、「ミュゼ薬用ヘアリムーバルクリーム」を使う方法をご紹介していきます!

痛みもなくつるつるにできちゃうので、VIOのむだ毛をどうにかしたいと思っている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

そもそもミュゼ薬用リムーバルクリームってVIOに使って大丈夫?

よく除毛クリームをVIOに使うのは危ないなんて話がありますよね。

除毛クリームを使ったら肌が荒れてボロボロになったみたいな、、、

その話を聞いて、私も最初はVIOに除毛クリームを使うのは躊躇っていたんですけど、足とか腕にミュゼの除毛クリームを使ううちに、「VIOもいけるんじゃ…」と思ってトライしてみました。

そしたら、問題なく処理できたんです!

Vラインだけなら安全に使うことができました!

私がミュゼの除毛クリームを使ったのはVラインだけでしたが、きれいに処理することができました。

もちろん、よく聞く痛みや肌荒れなんかも一切なし。

Vラインの写真はお見せできないですけど、ミュゼの除毛クリームを足に使ったときと同じくらいつるつるになりましたよ。

↑足に使ったときの画像

Iライン、Oラインは怖くて使えませんでした

Iライン、Oラインの除毛もやってみたかったんですが、さすがに粘膜が近すぎてクリームも塗りにくいので怖くて断念しました。

ただ、ネットの情報を見ていると、IラインやOラインに除毛クリームを使って、粘膜にクリームが付いて荒れてしまった方が何人かいるようです。

なので、器用な方以外Iライン、Oラインには使わない方が良いと思います。

ミュゼの除毛クリームでVIOを処理する最大のメリットは痒くならないこと

ミュゼ 薬用リムーバルクリーム

VIOラインをカミソリで処理した後って、チクチク痒くなって辛いですよね。

きれいに処理できたと思っても段々チクチクしてきて、肌が赤くなって気分が萎えた経験があるのは私だけじゃないはず。

でも、除毛クリームで処理するようになってからは、そんなチクチク感から解放されました。

腕や足に使ったときにチクチクしなかったのでもしや…と思ったのですが、VIOに使ってもやっぱりチクチクしませんでした。

除毛クリームで処理すると毛先が丸くなるから、カミソリみたいにチクチクしないんです。

ミュゼの除毛クリームでVIOを処理する際の注意点

注意点1:粘膜部分に触れないように気を付ける

ミュゼの除毛クリームがいくら肌に優しいからといって、粘膜部分に触れるとやっぱり痛いです。

特にIラインとOラインは粘膜部分と距離が近いので、クリームが液だれしてうっかり粘膜に付かないように注意しましょう。

もし粘膜にクリームが付いてしまったら、すぐにシャワーで洗い流しましょう。

注意点2:少しでも痛みを感じたら途中でも洗い流す

粘膜部分にクリームが触れてしまった場合もそうですが、VIOライン自体デリケートなので肌が弱い人だとヒリヒリしてくることがあります。

その状態で放っておくと痛みが酷くなったり、肌が荒れてしまう原因になるので注意しましょう。