【写真付】VEET(ヴィート)除毛クリームの効果を試したら赤いブツブツがやばいことに

VEET除毛クリーム敏感肌用

薬局でもドンキでも!どこでも手に入る市販の除毛クリーム

VEET除毛クリーム敏感肌用
VEET(ヴィート)シリーズは薬局やドンキ、Amazonなどどこでも販売している市販の除毛クリームです。

値段は1000円前後なので、除毛クリームでは1番安く購入できます。

肌に優しいものからしっかり除毛できるものまで種類が豊富なので、あなたの目的に合ったものを選べるのも特徴です。

VEET(ヴィート)除毛クリームの特徴

1000円前後で購入できる

除毛クリームのほとんどは2000円~4000円程度です。

しかし、VEETの除毛クリームは1000円前後で購入できるので、安い除毛クリームが欲しい方には最適です。

スポンジが付いている

VEETの除毛クリームはスポンジがセットで付いてきます。

このスポンジは除毛クリームを落とすときに使うためのもので、手で落とすより仕上がりがきれいになります。

どこでも購入できる

VEETの除毛クリームはAmazon以外にも薬局やドンキ、スーパーなどでも市販されています。

当日に除毛クリームを使いたい場合でも、近くの薬局などで手に入るので便利です。

VEET(ヴィート)の効果を試してみました!

VEET除毛クリーム敏感肌用

VEET除毛クリーム 敏感肌用を購入したので、どれくらいきれいに除毛できるのか試してみます!

事前に調べたAmazonの口コミでは、きれいに除毛できた人もいれば、肌荒れが酷かった人やきれいに除毛できなかった人までさまざまでした。

すね毛で効果を試してみました。

丁度すね毛が伸びてきていたので、まずは試しにすね毛にヴィートを使ってみます。

STEP.1
VEET(ヴィート)を使う前のすね毛

ヴィートを使う前のすね毛の状態はこちらです。5㎜~1cmくらいの長さの毛が全体に生えています。

STEP.2
VEET(ヴィート)を塗ります
VEET(ヴィート)除毛クリームをすねに塗る

ヴィートのクリームをすねに塗っていきます。ヴィートはかなり硬めのクリームでした。臭いは特に気になりません。

STEP.3
VEET(ヴィート)を均等に伸ばします
VEET(ヴィート)をすね毛全体に伸ばす

ヴィートを足全体に伸ばしていきます。硬めのクリームなので液だれすることがありません。

STEP.4
塗布時間を待ちます
VEET(ヴィート)を塗ったすね毛をラップで包む

ヴィートの塗布時間5~10分を待ちます。ヴィートを塗った場所にラップを巻くことで、クリームの乾燥を防ぎ除毛効果をアップさせます。

STEP.5
付属のスポンジでクリームを落とします
VEET(ヴィート)付属のスポンジで除毛クリームを落とす

ヴィートに付属しているスポンジでクリームを落としていきます。

スポンジは除毛クリームを塗った後の肌に使うには少し固めなので、撫でるように擦らないと肌を傷つけてしまいそうです。だからといって優しくしすぎると毛が落とせないので少し使いにくかったです。

STEP.6
シャワーでよく洗い流します
VEET(ヴィート)を使い終わったすね毛

全体のクリームを落としてシャワーで流しました。

STEP.5
除毛結果
VEET(ヴィート)で除毛したら毛が残った

除毛した部分を拡大しました。ポツポツと毛が残ってしまい、毛の流れに逆らって手でなぞるとチクチクします。

VEET(ヴィート)で除毛したら赤いぶつぶつが出ました

また、ヴィートを使ったところの一部に赤いブツブツが出始めてヒリヒリしました。

ヴィートの除毛クリームは確かに安く購入できますが、きれいに除毛できないうえに肌荒れまで起こしてしまいました。

私は特に肌は弱くなくて、他の除毛クリームでは肌荒れを起こしたことがなかったのですが、ヴィートは合わなかったようです。

VEET(ヴィート)の良いところ・悪いところ

完全に私の主観でヴィートの除毛クリームを使った感想を述べていきます。

VEET(ヴィート)の良いところ

どこでも手に入る

私がよく使う除毛クリームはネット通販でしか取り扱っていないので、購入しても手元に届くまで1日~5日ほどかかります。

でも、ヴィートの除毛クリームなら薬局やスーパーだけでなく、ドンキなどでも販売されているのですぐに手に入れることができます。

値段が安い

店舗によって違いはありますが、ヴィートの除毛クリームは150g入っていてだいたい1000円前後で購入できます。

私がよくネット通販で購入している除毛クリームは、2000円~4000円ほどするものが多いので、1000円で手に入るというのは除毛クリームの中でも特に安いです。

VEET(ヴィート)の悪いところ

使用方法を守ったのに肌荒れが起こった

今回使用したのは敏感肌用のものでしたが、それでも赤いブツブツが出たり肌がヒリヒリ痛みました。

ヴィートは他にも「しっかり除毛」というバージョンも販売されていますが、それを使ったらもっと肌荒れしてしまうのではないかと思います。

全然きれいに除毛できない

除毛クリームの効果を高めるためにラップまでしましたが、全然きれいに除毛できませんでした。

除毛の出来栄えとしては、比較的きれいになった部分でもカミソリで除毛するのと変わらない程度。きれいにならなかった部分ではハサミで切った方がキレイな程度でした。

付属のスポンジが硬い

ヴィートに付属しているスポンジは除毛クリームを塗った肌に使うには固すぎます。100円で4つくらい入っている食器用のスポンジと同じ硬さをしています。

除毛クリームを塗った後の肌は弱っているので、力を入れて擦ると肌が傷だらけになります。

だからと言って優しくしすぎるときれいに除毛できないので、使い勝手は非常に悪いです。

VEET(ヴィート)はおすすめできない

あくまで私が使った感想なのですべての人に当てはまるわけではないでしょうが、VEET(ヴィート)の除毛クリームはおすすめできません。

安く購入できるのはいいんですけども、きれいに除毛できないうえに肌荒れのリスクも高いので、それならもう少し高いお金を出してでも肌に優しくてきれいに除毛できるものを選んだ方が良いと思います。

私のおすすめは、ミュゼコスメ ヘアリムーバルクリームという除毛クリームです。

ミュゼ 薬用リムーバルクリーム

ミュゼコスメ ヘアリムーバルクリームは、脱毛サロンで有名なミュゼプラチナムが販売している除毛クリームです。

肌荒れを防ぐための保湿成分がたくさん含まれているので、除毛後は肌がカサつくどころかすべすべになります。

値段は2980円とヴィートと比べると高めですが、内容量が多い分ヴィート以外の除毛クリームと比べるとコスパは良いです。

ミュゼ除毛クリームの効果

公式サイトで詳細を見る

VEET(ヴィート)除毛クリームの商品情報

販売会社 レキットベンキーザー・ジャパン
価格 1000円前後
内容量 150g
香り ロイヤルジャスミン、ベルベット・ローズ、さらやかなフルーツ、自然なグリーンの4種
塗布時間 5~10分
その他成分 なし
使用可能部位 顔、デリケートゾーン以外
原材料名 有効成分:チオグリコール酸

その他の成分:セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、濃グリセリン、タルク、水酸化Ca、ケイ酸Mg、グルコン酸Na、尿素、酢酸トコフェロール、アロエエキス-2、酸化Ti、PG、ソルビトール液(小麦由来)、pH調整剤、粘度調整剤、香料

購入方法 店舗購入
ネット通販

まとめ:VEET(ヴィート)はどのくらいおすすめできる?

最後に、私の主観でヴィートを評価させていただきます。

VEET(ヴィート)の評価
除毛力
(2.0)
肌への優しさ
(1.0)
使いやすさ
(3.0)
コスパ
(2.5)
香り
(3.0)
内容量
(3.0)
お気に入り度
(1.0)

使用方法を守ったのに肌荒れしたり、全然きれいに除毛なかったり散々だったので、もう二度と使うつもりはありません。

安くてどこでも手に入るのはいいところですが、安いからと言って肌荒れしたりきれいに除毛できないと意味がないですしね。

ただ、口コミを見ていると肌に合う方もいるようなので、お試しに購入してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。